夕方の里山
c0189013_21163111.jpg

クリ林と田んぼ(2010.5.22/奈良県 五條市)
田植えも終わり、里山も夏の景色となってきました。


c0189013_21194242.jpg

アカシジミ(2010.6.5/奈良県 五條市)
このシジミチョウは、日没前の5~7時ごろに活発に飛び回ることが知られています。
意識して探していると、コナラの葉に止まったこの蝶を運良く見つけました。
こちらの動きに敏感で、この直後飛び去っていきました。


c0189013_21333555.jpg

ゴマダラチョウ(2010.5.22/奈良県 五條市 トリミング)
足もとからふわっと舞い上がったのは春型のゴマダラチョウ。7月になると夏型は
樹液を吸う姿を間近で見ることができるでしょう。


c0189013_21413081.jpg

シオヤトンボ(2010.5.29/奈良県 五條市)
田んぼの傍のコナラの木にとまっていたのはシオヤトンボでした。
シオカラトンボをずんぐりとさせた感じの小型のトンボ。むぎわら色なのでメスです。
春一番に出現するトンボですが、今年は季節の移ろいが遅かったためか
5月の終わりにも見ることができました。
[PR]
by chantake123 | 2010-06-05 21:53 | Comments(6)
Commented by yukate3939 at 2010-06-05 22:26
今日はお仕事ご苦労様でした。
テレビで見ましたが、里山って木を切って、それを炭焼きにして、
切った場所を手入れしないと里山は守れないのだそうですね。
木に虫が付きすぎて、時々世代交代をさせないといけないそうです。
日本のあちこちから里山が無くなってきていると報じていました。
「炭焼きをするために木を切るなんて自然破壊」という誤解が世間一般
にあって、それも里山破壊の原因となっているそうです。
Commented by natureflow at 2010-06-06 09:55
田植えを終えた田んぼ、美しいですね!
休耕田で荒れてくると、風景も悲しくなってきます。
コナラとアカシジミ、ゴマダラチョウ
森影でとても綺麗です !!

Commented by sidu-haha at 2010-06-07 16:24
こういう光景が一番うれしいですねえ~
田んぼの畦を歩くって~少なくなりましたものね。
赤シジミ~きれいな蝶ですね~
Commented by chantake123 at 2010-06-07 19:15
yukate3939さん、
そうですね。適度に手入れされているからこそ、
たくさんの生き物がみられる気がします。
あくまで感覚的にそういう気がするだけですが(笑)
Commented by chantake123 at 2010-06-07 19:28
natureflowさん、
軽トラに乗って、手入れに来られて、
田んぼや畑で仕事をされているのをよく見かけます。
そして、お邪魔させてもらっては、写真を撮らせてもらってます(笑)
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2010-06-07 19:28
sidu-hahaさん、
クリの木の間からたまたま田んぼをみて、きれいだなと
思ったので撮ってみました。
アカシジミは去年は出会えなくて、今年は幸い見ることが
できました。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< トラフトンボの池 クサガメ >>