ヒオドシチョウ
少し間隔が空いてしまいました。
先週満開だった職場の桜も桜吹雪になってきました。
c0189013_16561541.jpg

ヒオドシチョウ(2010.4.3/奈良県 五條市)
スミレ咲く里山では越冬を終えたヒオドシチョウが飛び回っていました。


c0189013_1711777.jpg

ヒオドシチョウ(2010.4.3/奈良県 五條市)
日光浴を始めて、綺麗な翅の表面を見せてくれました。
橙赤色で黒色の斑点があり、
昔の武士が身に着けた「緋縅(ひおどし)」に色が似ているので名づけられたそうです。


c0189013_17132084.jpg

ヒオドシチョウ(2010.4.3/奈良県 五條市)
翅を閉じると、枯葉状の模様で全く目立たなくなります。
自然界で外敵から身を守るのに必要な模様なのでしょうね。


c0189013_17201836.jpg

ヒオドシチョウ(2010.4.3/奈良県 五條市)
別の個体はさかんに桜の花の蜜を吸っていました。
長い冬を無事に越して飛び回る姿は、どこか誇らしげにみえました。
[PR]
by chantake123 | 2010-04-11 17:26 | Comments(6)
Commented by focusst at 2010-04-11 22:19
羽根を閉じるのと開くのでは全然違うんですねー
生きるための知恵なんでしょうけど
すごいですよねー
小さい生き物たちをあらためて見ると
純粋に生きることに一生懸命で
うらやましくもある時がありますね。
Commented by yukate3939 at 2010-04-12 21:42
これも蝶ですよね。
ちょっと蛾っぽいのはやや苦手です。
多分素手でつかむことは出来ないような気がします。
子どもの頃は虫も平気で触れたのに・・・
あちこちで昆虫の姿を見かけることも増えましたね^^
Commented by sidu-haha at 2010-04-13 09:48
おはようございます。
天狗蝶の名を教えていただいて、ありがとうございました~。
早速名前をアップさせていただきました。(*^_^*)



すてき~というか、とても立派な名前の蝶ですね~
そうなんですか~鎧の緋威から命名されていたのですね。
越冬して~大変だったのでしょうね。
少しぐらい寒くっても、蝶のことを考えたら、嘆いてはいられないような気持ちになります。
Commented by chantake123 at 2010-04-17 19:44
focusstさん、
はい。枯葉模様で身を守り、厳しい冬を乗り越え、
桜の花で栄養補給して、次世代へと命をつないでいきます。
そのたくましさを改めて感じました。
Commented by chantake123 at 2010-04-17 19:47
yukate3939さん、
冬を越して、翅もだいぶ痛んでいるので、
余計に蛾っぽく感じるかもしれません。
あちこちで昆虫をみかけますが、カメラをもつ元気が…(笑)
Commented by chantake123 at 2010-04-17 19:52
sidu-hahaさん、
ヒオドシチョウはテングチョウの倍以上大きな蝶で、
桜の花へ向かって舞い上がるときも、バタバタと
羽ばたく音が聞こえるほどです。
どちらも、春の里山で一番に現れる蝶です♪
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 里山の小さな生き物たち スミレ >>