里山の冬
この冬は、よく雪が降ります。
積もるまでには至らないものの、
お正月からでも、雪の舞う寒い日が何度かあります。
c0189013_1644207.jpg

コナラの葉と粉雪(2009.12.19/奈良県 五條市)
写真は昨年末のものです。
コナラの葉が、朝から断続的に降り続く雪を集めていました。


c0189013_1651591.jpg

モチツツジと粉雪(2009.12.19/奈良県 五條市)
赤く色づいたモチツツジの葉にも、たくさんの雪が付いていました。


c0189013_16534752.jpg

ウラギンシジミ(2009.11.29/奈良県 五條市)
田んぼの脇にあるアラカシの木では、
葉の裏でひっそりとウラギンシジミが越冬しています。

1週間後に金剛山に登りますが、
今年は雪が多いかもしれません。
[PR]
by chantake123 | 2010-01-08 18:35 | Comments(2)
Commented by sidu-haha at 2010-01-09 00:03
雪が降ると~~こうした植物もかわいそうな気がしますね。
どんぐりさんの葉はまだ落ちていないのですね。
Commented by chantake123 at 2010-01-09 18:07 x
sidu-hahaさん、
植物にとっても、きっと寒いのでしょうね!
このコナラはおそらく、昨年の春にどんぐりから発芽して
初めて冬を越す若いコナラです。
大きなコナラの木は、だいぶ葉を落としていたと記憶しています。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< たまには水鳥 チョウゲンボウ >>