涸沢
c0189013_635799.jpg

雪渓(2009.8.12/長野県 松本市)
本谷橋を渡ってからは勾配の急な登りでした。
やがて雪渓が現れて、初めて雪渓の上を歩きました。


c0189013_6471559.jpg

涸沢ヒュッテ直下の雪渓(2009.8.12/長野県 松本市)
雪渓の上を歩くのは思いのほか歩きやすくて、
雪渓には登山者のために階段状の道がつけてくれてありました。


c0189013_6544493.jpg

涸沢ヒュッテ(2009.8.12/長野県 松本市)
徳沢から4時間。やっと涸沢カールの真ん中に建つ涸沢ヒュッテに到着しました。
ヒュッテのテラスでゆっくりお昼ごはん。まわりの山々を見渡しながら、
空気は涼しくて、持っていったおにぎりを食べました。おいしかった♪


c0189013_785888.jpg

涸沢カールとテント村(2009.8.12/長野県 松本市)
さすが登山基地ですね。テント場には色とりどりのテントが並び、涸沢小屋の向こうに上っていく登山者
が見えました。今度は奥穂高岳に登ってみたいな♪

涸沢に登って嬉しかったのは、高山蝶のベニヒカゲに出会えたことです。
c0189013_7245522.jpg

ベニヒカゲ(2009.8.12/長野県 松本市)
ひらひらと飛んできて近くの石に止まりました。
北海道では低山地にも見られますが、本州では中部地方以北の高山地に棲んでいます。


c0189013_7315490.jpg

ベニヒカゲ(2009.8.12/長野県 松本市)
オレンジ色の斑紋が印象的な蝶です。
中学生のとき立山で見て以来だったので嬉しかったです。


c0189013_7363533.jpg

ベニヒカゲ(2009.8.12/長野県 松本市)
時折強い風が吹くと、翅を傾けながらじっと耐えます。


c0189013_7392651.jpg

ベニヒカゲ(2009.8.12/長野県 松本市)
登山道の湿った踏み跡で吸水。


c0189013_7414015.jpg

ベニヒカゲ(2009.8.12/長野県 松本市)
だんだん撮影に慣れてきたのか、私のリュックにまで吸水にやってきました。
実は最後には私の手に止まって逃げなくなりました♪
[PR]
by chantake123 | 2009-09-05 07:48 | Comments(6)
Commented by focusst at 2009-09-05 09:12
うわーすごいですねー
8月にこれだけの雪・・・
私は沖縄ですので真逆ですなー(笑)
Commented by yukate3939 at 2009-09-05 23:44
ここまで行って穂高に登らなかったら、絶対次は行きたくなりますよね。
自分が行ったときは、雪渓で夏スキーをする人がいるぐらい雪が残って
ました。まぁ7月中でしたが・・・
オコジョや雷鳥は見れました?
Commented by sidu-haha at 2009-09-07 09:07
おはようございます。
ここが有名な涸沢なんですねえ~
雪渓~だいぶ残っていますね。
かなりの標高なのでしょうね。
お疲れ様です。

ベニヒカゲ~
きれいな蝶ですね。
やはり、かなり高い所にいるのでしょうねえ~
涸沢を満喫させていただきました。
ありがとうございます。
Commented by chantake123 at 2009-09-09 06:23
focusstさん、
8月に雪の上を歩くとも思っていなかったので
少し焦りましたが、歩いてみると全然大丈夫でした♪
Commented by chantake123 at 2009-09-09 06:26
yukate3939さん、
はい。今度は穂高に登ってみたいです。
昔乗鞍で夏スキーを見たことがありますが、
確かにできそうですね。
雷鳥やオコジョは見れませんでした。残念。
Commented by chantake123 at 2009-09-09 06:31
sidu-hahaさん、
標高2300mくらいです。
徳沢から往復8時間以上かかりましたが、
いろんな景色や花を見ながらだったので、
楽しめました。でも確かに疲れました(笑)
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 涸沢 ~花~ 徳沢から横尾谷 ~花~ >>