ゴマダラチョウとオオムラサキ
c0189013_2054223.jpg

ゴマダラチョウ(2009.7.26/奈良県 五條市)
梅雨が明けないので、なかなかゆっくり見に行けないのですが、
この時期たくさんのゴマダラチョウがクヌギの樹液にやってきます。
2月に見かけた幼虫たちは見事に命を繋いでいるのですね。


c0189013_20132268.jpg

オオムラサキ(2008.7月 奈良県)
去年は、よく通うフィールドでゴマダラチョウに混じって
エノキの木の樹冠に1匹のオオムラサキが縄張っていました。


c0189013_20234177.jpg

オオムラサキ(2008.7月 奈良県 トリミング)
日本の国蝶であるオオムラサキはゴマダラチョウよりずっと大きくて、
羽音が聞こえてきそうな力強さでバタバタと上空を飛び回って、
ゴマダラチョウたちと縄張り争いしていました。
今年はまだ出会えていませんが、きっと林の上から見下ろしているはず…
いつか雄の輝く青い翅を近くで見てみたいものです。
[PR]
by chantake123 | 2009-07-31 20:34 | Comments(6)
Commented by focusst at 2009-07-31 21:19
私が一度UPしたことがあるのは
オオムラサキでしたっけ?忘れてしまいました。
1枚目はクヌギの木なんですか。
てっきり岩肌にたかっているのかと・・・
Commented by yukate3939 at 2009-07-31 23:06
どうしてそんなに博士は蝶の気持ちが分かるんでしょう。
まるでムツゴロウさんのようです。
オオムラサキは日本の国蝶!
知りませんでした・・・
Commented by chantake123 at 2009-08-01 07:36 x
focusstさんがUPしたことがあるのはオオゴマダラという蝶です。
雌のオオムラサキと同じくらいの大きさです。
似た名前が多くて、ややこしいですね(笑)
Commented by chantake123 at 2009-08-01 07:44 x
yukate3939さん、
いえいえ。蝶の気持ちが分からず、飛んでいかれたり
出会えないことが多いです(笑)
はい。オオムラサキは日本の国蝶に指定されています。
ちなみに、国鳥はキジ、国花は桜です。
日本を中心として、東アジアに分布していて、
メスの大きさは世界最大級のタテハチョウの仲間に入ります。

Commented by sidu-haha at 2009-08-04 11:01
こんにちは~(*^_^*)
一枚目の蝶~
先日、たくさん写して来たのですg、名前が分からなかった~
こちらで教えていただいて、ありがとうございます。
オオムラサキはもっと大きいのですね~
一度見てみたいですね。
Commented by chantake123 at 2009-08-09 07:46
sidu-hahaさん、
コメント遅くなりすみません。やっと体調が戻ってきました。
ゴマダラチョウは樹液に来ますが、
メスグロヒョウモンは花に来ます。
7月15日のブログにメスグロヒョウモンは載せていますが、
こちらでは数が少ないんです。
ちなみにメスグロヒョウモンのオスは、他のヒョウモンチョウ達と
同じでオレンジ色をしていますよ。
オオムラサキが飛ぶ姿は、ほんと豪快です。
いつかアップの写真で紹介できる日が来るといいな♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 朝の吉野川 大雨のちくもり、ときどき晴れ その2 >>